【重要】事業再構築補助金はいつからいつまで?

ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するための企業の思い切った事業再構築を支援し、最大1億円が補助されることで人気の「事業再構築補助金」。すでに2次締切までの申請締切は終了しましたが、事業再構築補助金の申請はいつからいつまで受け付けているのでしょうか。

本記事では公開されている情報をまとめてわかりやすくお伝えします。

事業再構築補助金の申請はいつまでか

事業再構築補助金のホームページによると、事業再構築補助金は第2回公募締め切り後、さらに3回程度の公募を予定していると記載されており、事業再構築補助金の公募は第5回まで実施されると見込まれます。

事業再構築補助金 第2回公募締め切り

その上で、第1回公募締め切りが5月7日、第2回公募締め切りが7月2日とほぼ2ヶ月の期間をおいて実施されたことを考えると、今後第5回までの締め切りは次のようになると見込まれます。

第3回 公募締め切り   9月上旬頃
第4回 公募締め切り   11月上旬頃
第5回 公募締め切り   2022年1月上旬頃

上記のスケジュールはあくまで現時点での予想であり、今後詳細が発表され次第更新させていただきます。

いずれにしても、現時点では事業再構築補助金の申請は2021年度まで。対象となる投資内容や上限最大1億円という規模は史上最大レベルの補助金ですので、新しい業態への転換や新分野への展開をご検討中の方はお早めに申請することをオススメします。

事業再構築補助金が終わったあとの補助金は?

事業再構築補助金は2021年度までで終了する可能性が高い一時的な補助金ですが、中小企業向けにオススメの補助金として「ものづくり補助金」が挙げられます。

ものづくり補助金 概要

ものづくり補助金はすでに10年以上続いている有名な補助金で、中小企業の経営革新のための設備投資等に使用できる最大1000万円、補助率最大2/3の補助金で製造業向けの設備やEC事業者のシステム構築費用などが補助対象となっています。

事業再構築補助金が終わった後も新規事業や既存事業の改革で大きな設備投資がある場合はものづくり補助金の補助対象とならないか、検討することをオススメします。

なんとか申請したい、締め切り直前でもmeditipsなら対応可

2021年度で終了する見込みの「事業再構築補助金」。採択率を高めるためにも少しでも早い段階から応募することが必要です。

meditipsなら締め切り直前の案件でも事業計画の準備状況によっては締め切り間に合わせることができる場合があります。まずはご相談ください。


meditipsにご相談ください

株式会社meditipsは認定支援機関として、多くの中小企業の事業計画書作成、補助金獲得をサポートしてきました。
あなたの企業を徹底分析して、使える補助金や助成金のご提案、補助金を獲得するためのサポートを行ないます。
補助金について、相談したいことは何でも株式会社meditipsにご相談ください!

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP