【2021年】歯科技工所のオススメ補助金3選!【規模別比較】

歯科技工所は数ある業種の中でも補助金が受け取りやすい業種です。今回は2021年11月現在、歯科技工所にオススメの補助金を3つご紹介します。

そもそも補助金とは?という方は下記の記事をご確認ください。

参考リンク:補助金と助成金の違い|共通点や補助金・助成金にはどのようなものがあるか具体例も紹介

 ものづくり補助金

歯科技工所に最もオススメの補助金は「ものづくり補助金」です。歴史が長く10年ほど続いている補助金で歯科技工所が補助金を検討する上で最初に選択肢に入る補助金です。

 ものづくり補助金とは

ものづくり補助金の概要を説明します。

 概要

ものづくり補助金の特徴を解説します。ものづくり補助金は中小企業等が取り組む革新的サービス開発・試作品開発・生産プロセスの改善を行うための設備投資を支援する補助金です。

今年は新型コロナウイルスの影響を乗り越えるために前向きな投資を行なう中小企業向けの「新特別枠」が新設され、補助率が従来の1/2から2/3にまで引き上げられているほか、優先的な採択が見込めるため、今まで以上に採択されやすくなっています。

 申請条件

ものづくり補助金に申請するための条件は下記を満たす3~5年の事業計画を計画、実行することです。

  • 会社全体の“付加価値額”を年率平均3%以上増加させる計画を立てる
  • “給与支給総額”を事業実施期間において年率平均1.5%以上増加させる
  • “事業所内最低賃金“を「地域別最低賃金+30円以上」の水準にする

給与支給額の算定に使用する給与には役員報酬も含まれるため、事業所内最低賃金の条件さえ満たせるなら、ほとんどの方が申請可能な補助金となっています。

 ものづくり補助金でもらえる金額

ものづくり補助金でもらえる金額は最大1,000万円です。補助金額は投資する設備の税抜金額に補助率をかけて計算され、ものづくり補助金では通常枠で1/2(従業員数5名以下の場合2/3)、コロナ対策の新特別枠で2/3の補助率となります。

 ものづくり補助金の対象経費・よくある設備

歯科技工所がものづくり補助金で購入できる設備は主に下記の通りです。

  • スキャナ
  • ミリングマシン
  • ファーネス
  • CADソフト
  • 3Dプリンター

これらの設備の他にも歯科技工所の生産性を向上させることが期待できる設備であれば採択が期待できる場合もありますので、「この設備は補助金の対象かな?」と思ったら是非ご相談ください。

この補助金についてmeditipsに無料相談する>>

 事業再構築補助金

歯科技工所の経営をされている方で、別の分野への展開を検討されている方にオススメできるのが「事業再構築補助金」です。

 事業再構築補助金とは

 概要

事業再構築補助金の特徴を解説します。事業再構築補助金はコロナの影響を受けて「新分野展開、業態転換、事業・業種転換、事業再編等、思い切った事業再構築」を支援する補助金です。

中小企業の場合、補助金額は最大8,000万円、従業員数が20名以下でも4,000万円ともらえる補助金が非常に多いことが特徴となっています。

 申請条件

事業再構築補助金に申請するための条件は下記の通りです。

  • 2020年10月以降の連続する6ヶ月から選択した任意の3ヶ月の売上がコロナ以前の同3ヶ月と比較して10%以上減少している
  • 事業計画を認定支援機関と策定し、事業再構築に取り組む
  • 補助事業終了後、3~5年で付加価値額を年率平均3%以上増加を達成する計画を立てる

認定支援機関とは、経済産業省が認定する財務や経営支援の専門家のことです。

株式会社meditipsも認定支援機関ですので再構築補助金に申請される方はお気軽にご相談ください。

この補助金についてmeditipsに無料相談する>>

 事業再構築補助金でもらえる金額

事業再構築補助金でもらえる金額は申請する枠と従業員数に応じて変化します。

 通常枠の場合

通常枠でもらえる補助金の額は下記の通りです。

従業員数補助上限
20人以下100万円~4,000万円
21~50人100万円~6,000万円
51人以上100万円~8,000万円

 緊急事態宣言特別枠の場合

緊急事態宣言特別枠(緊急事態宣言で売上30%以上減少が条件。採択率がUP。)でもらえる補助金の額は下記の通りです。

従業員数補助上限
5人以下100万円~500万円
6~20人100万円~1,000万円
21人以上100万円~1,500万円

緊急事態宣言枠と通常枠のどちらが適しているかは、申請する金額によって異なるので、不明点がある場合はお問い合わせください。

この補助金についてmeditipsに無料相談する>>

 事業再構築補助金の対象経費・よくある設備

事業再構築補助金で補助対象になるのは主に建物費機械装置費システム費です。

事業再構築補助金では、業種転換や事業転換も認められているため、歯科技工所とあまり関係がない新規事業への転換であっても採択される可能性があります。

新しい領域での新事業に挑戦するための補助金を検討している場合はぜひご相談ください。

この補助金についてmeditipsに無料相談する>>

 小規模事業者持続化補助金

歯科技工所で使用する設備の買い換えによる生産性向上など、気軽な設備投資でオススメの補助金が「小規模事業者持続化補助金」です。

 小規模事業者持続化補助金とは

 概要

小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)は、新型コロナウイルス感染症感染防止事業継続を両立させるための対人接触機会の減少に資する前向きな投資を行う経費の一部を補助する補助金です。

 申請条件

小規模事業者持続化補助金に申請するにはいわゆる小規模企業者等である必要があります。小規模企業者であるかどうかは、業種と従業員数から判断します。

業種常時使用する従業員数
商業・サービス業5人以下
サービス業その他のうち宿泊業・娯楽業20人以下
製造業その他20人以下

歯科技工所は製造業その他に該当するので、常時使用する従業員数が20人以下の場合は申請することができます。

 小規模事業者持続化補助金でもらえる金額

小規模事業者持続化補助金(低感染リスク型ビジネス枠)でもらえる補助金額は最大100万円補助率3/4以下です。

今までにオススメさせていただいた補助金と比較しても、補助上限は少ない一方で補助率が高く、小規模な補助金獲得を目指すなら最もオススメできる補助金です。

 小規模事業者持続化補助金の対象経費・よくある設備

歯科技工所が小規模事業者持続化補助金で購入できる設備は主に下記の通りです。

  • ミリングマシン
  • ファーネス
  • CADソフト
  • 3Dプリンター
  • 受発注システム

これらの設備の他にも歯科技工所の生産性を向上させることが期待できる設備であれば採択が期待できる場合もありますので、「この設備は補助金の対象かな?」と思ったら是非ご相談ください。

この補助金についてmeditipsに無料相談する>>


meditipsにご相談ください

株式会社meditipsは認定支援機関として、多くの中小企業の事業計画書作成、補助金獲得をサポートしてきました。
あなたの企業を徹底分析して、使える補助金や助成金のご提案、補助金を獲得するためのサポートを行ないます。
補助金について、相談したいことは何でも株式会社meditipsにご相談ください!

無料相談はこちら

関連記事

TOP